スマートフォンが私たちの身近な存在になってから、約10年の時が経ち、今や世界中の全てのWebサイトがスマホに対応するようになりました。

実際、現在はスマホ対応していないサイトやランディングページを見つけるのが難しいぐらいです。

そんなスマホ対応が当たり前になっている時代、未だにスマホ対応には別料金を設けているサービスが数多くありますが、デザイナーの私からすると、もはやPCとスマホを切り分け別物のデザインを考えたところで、到底結果の出るページに仕上げることはできないと私は考えています。

よって、本LP制作サービスではスマホ対応作業に有料のオプション料金をつけるということはいたしません

本制作サービスの料金内にスマホ対応(レスポンシブ対応)は含まれており、お客様の商材のターゲットに応じた適切なデザイン案をご提案させて頂きます。

なお、具体的なスマホ対応のデザインイメージについては、こちらのページをご覧ください。

 

世の中には、ページ数や縦のPX(ピクセル)の長さによって制作料金に違いを設けているサービスがございますが、本サービスでは1案件に対するページ制限は設けておりません。

よって、どれだけページ数が多くても、料金は一律となっております

ランディングページという媒体では、お客様に向けていきなりガツガツと商品をセールスする前に、まず「きちんと自分が販売する商材の価値を正しく伝える」ということが大前提です。お客様は、基本的にその商品を買う価値があるのか、まず納得したいからです。

しかし、そうした大前提があるにもかかわらず、料金体系の中でページ数やピクセル数に制限を設けて、自分の伝えたい情報や、セールスのために必要な情報を無意味に切り捨てていくという方法では、到底売れるランディングページは作り出せないと私は考えています

もちろん、ページが長ければ長いほど良いというわけではありませんが、表面的なページ数の問題に縛られて、お客様に自分たちの価値を伝えられないページを作ってしまうのはまったくもって本末転倒です。

本制作サービスでは、小手先のセールステクニックを駆使したり、誇大広告と思われるようなデザインを目指すのではなく、特定の悩みや欲求を抱えているユーザーが求めている情報を正確に、論理的に、かつ誰が読んでもわかりやすい形でまとめることを最重要視しております。

そのため、ページ数に無駄な制限をかけることはいたしません。

お客様が最終的に「自分のページに訪問してくれたお客様に伝えることはすべて伝えきった」という悔いのない、充実した内容のランディングページになるように、私がお手伝いさせて頂きます。

 

本サービスの最大の特徴のひとつが、最終納品まで修正回数が無制限であるということです。

世間一般のLP制作サービスでは、修正回数に制限をかけて、例えば2回以上の修正は有料になるという対応がされていますが、本制作サービスでは修正回数に制限はございません。

お客様と私の間で最終納品に到達するまで、一切追加料金なしで対応させていただきます

「依頼したイメージと違ったらどうしよう・・・」
「仮完成したLPを見て、新しく追加したい情報やアイディアをひらめいた」
「制作中に入手したお客様の声を挿入してもらいたい」
「キャッチコピーやサブキャッチを、もう少し編集したい」

というランディングページ制作の中で発生する、どんな追加修正作業でも、訴求ポイントの方向転換でも、納品が完了するまで柔軟に対応させて頂きます。

なお、これまで250案件以上を担当してきて、ゼロからやり直しになったケースはございませんが、どのような修正プロセスを経るにしても、最終的にはお客様のイメージに合うまで何度でも修正作業に対応させていただきます。

※修正項目のやり取りは専用の修正依頼書を通じて、途中経過がわかりやすいように対応します。
※納品時に全ての制作データ(LPデータ・Photoshopデータ・バナーデータ)をお渡ししますので、納品後はお客様の方にてご自身で修正作業を行うことが可能です。
※完全納品後、お客様の方で対応できない修正についても、別途見積もりにて対応させて頂いております。詳しくはお問い合わせください。

 

ページの先頭へ